【両学長】人気YouTuberがおすすめしている株式投資まとめ【リベ大】

両学長がおすすめする投資先まとめ BLOG

リベラルアーツ大学の両学長がYouTubeで紹介した投資先をまとめました。
投資関連のYouTubeだけで200本以上投稿されていて、過去の動画を確認するだけでも大変なので、復習用に動画へのリンクを合わせて概要を紹介します。

おすすめの読者
  • 普段から学長の動画を見ていて、学長の動画をピンポイントで復習したい方
  • 次のキーワードに対して学長のおすすめをざっくり知りたい方
    • 投資信託
    • ETF(上場投資信託)
    • 債券

まだ両学長の動画を見ていないと言う方は、YouTubeや書籍から学長の投資スタンスを体系的に理解されることをおすすめします。
投資に関する情報はネットに溢れていますが、自分に合う投資スタイルを見つけることが大事なので、学長の考えが自分に合うか確認されると良いと思います。

投資信託

投資信託は、入り口としておすすめの投資先です。ETF(上場投資信託)よりは手数料がかかりますが、管理の手間が少なく、少額からも購入可能です。
ただし中には手数料が高額な罠商品もありますので、そこは注意しましょう。銀行の窓口で購入せず、自分でオンラインの証券口座を開設して購入することが大事です。
それでは、具体的な銘柄について紹介します。

米国の投資信託:楽天VTI, eMAXIS Slim米国株式

投資信託を初めて購入する場合は、S&P500に連動した投資信託がおすすめされていました。具体的には次の3つの投資信託です。

この3つはS&P500に連動することを目標としいる投資信託で、それぞれ違いは少なく、どれを選ぶかは好みのレベルです。

S&P500連動の投資信託について両学長が紹介している動画はこちらです。
YouTube: 第3回 S&P500連動のおすすめ投資信託【お金の勉強 株式投資編】

米国以外の投資信託: 全世界株, 欧州

米国以外では、全世界の株式に投資する投資信託や、株式だけでなく債券やREIT(不動産)に投資する投資信託が紹介されていました。

全世界の株式に投資する投資信託

世界中の株、債券、REIT(不動産)に分散投資する投資信託

米国以外の投資先について紹介されている動画はこちらです。
YouTube: 第21回 VTI以外のおすすめの投資信託は何か?【お金の勉強 株式投資編】

ETF(上場投資信託)

両学長は高配当ETFをよく紹介されているので、定番のETFと高配当のETFというジャンルでまとめました。

定番のETF

定番のETFは投資信託でも出てきたS&P500連動型や全米株式、全世界株式が紹介されています。

YouTubeで紹介されている定番ETF

こちらの動画では、ETFのメリットからVTをはじめとした優良ETFを紹介されています。
YouTube: 第75回 【全自動】米国ETFをコツコツと定期買付する4つのメリットと具体的方法【資産運用の勝ちパターンの1つ】【株式投資編】

VIGについては個別の動画でも紹介されていました。
YouTube: 第110回 【VIG】世界最強レベルの株式ETF。10年以上の連続増配米国株で構成【設定来リターン年8.93%】【株式投資編】

高配当ETF:VYM、HDV、SPYD

次は高配当ETFです。こちらは思い入れも強いのか、HDVとSPYDについては個別の動画も用意されていました。

高配当ETF全体については動画でまとめて紹介されています。
第37回 学長が初心者におすすめする米国高配当株(ETF)【お金の勉強 株式投資編】

VYM(Vanguard High Dividend Yield ETF)

VYMは幅広い業界の400銘柄に分散投資しているETFです。
上位の構成銘柄はこちら。

VYMの構成銘柄(2021/4/9時点):出典Bloomberg

HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)

HDVは、現時点で高配当である米国株式を集めたETFです。銘柄数は70〜80で構成されています。セクターは、エネルギー、ヘルスケア、生活必需品が多めです。
上位の構成銘柄はこちら。

HDVの構成銘柄 出典:Bloomberg

HDVについて紹介されている動画はこちらです。
YouTube: 第83回 【高配当ETF】高配当株マニアがHDVに投資している7つの理由【株式投資編】

SPYD(SPDR Portfolio S&P 500 High)

SPYDは、S&P500インデックスのうち、配当利回りの高い上位80銘柄に均等割合で投資するETFです。銘柄数は80ほどで構成されています。セクターは、公益事業や不動産が多めです。
具体的な構成銘柄はこちら。

SPYDの構成比率(2021/4/9時点) 出典:Bloomberg

SPYDについて紹介されている動画はこちらです。
YouTube: 第66回【高配当ETF】高配当株マニアがSPYDに投資している7つの理由【株式投資編】

債券:AGG、LQD、HYD

債券はローリスクローリターンのAGG、ミドルリスクミドルリターンのLQD、ハイリスクハイリターンのHYDが紹介されてます。と言ってもHYDはハイリスクの例として登場しているだけな印象です。

AGG(iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF)

AGGは、格付の高い政府系の債券に投資するETFです。米国の投資適格債券市場全体に投資するためローリスクローリターンです。

AGGについて紹介されている動画はこちらです。
YouTube: 第103回 【米国総合債券ファンド】AGGは初心者でも投資しやすい鉄板の債券ETF【株式投資編】

LQD(iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債)

2000を超える適格社債に分散投資が可能なETFです。

LQDについて紹介されている動画はこちらです。
YouTube: 第84回 【リスク低減&分配金増強】LQDを使った高配当株ポートフォリオの調整について【株式投資編】

番外編:NISA, iDeCo, 日本の高配当株, ゴールドについて

番外編として、積立NISAとiDeCoや、日本の高配当株の探し方、ゴールドへの投資について紹介されていた動画もリンクだけまとめておきます。

積立NISA、iDeCo

第160回 【おすすめファンド20本も紹介】iDeCo&つみたてNISAの見直しチェックポイント5選【株式投資編】

日本の高配当株の探し方

第169回 【初心者向け】高配当株の「分析ツール」の使い方をカンタン解説【株式投資編】

GLD

第106回 【大事な資産を守る】人気ゴールドETF「GLD」について解説【株式投資編】

終わりに

リベラルアーツ大学の両学長が紹介している投資先を株式・債券中心にまとめました。
これだけの情報があれば投資初心者の友人にも、一通り安定した長期分散投資の方法を紹介できると思います。
また、他にも漏れている、追加してほしい情報があった場合は、ご連絡いただければ追加させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました